Personal


[バックナンバー]
林朝子 それでも朝はやってくる
林朝子


誕生日
1986年10月15日
出身地
福島県相馬市
血液型
B型(「説明書」そのままの性格です)
担当番組
【テレビ】
Nスタみやぎ
(木、金)18:15〜18:55

【ラジオ】
ロジャー大葉のラジオな気分

13:00〜16:00
(火)ラジオカー

3.11みやぎホットライン
(月)20:00〜20:30
趣味
・仲間とお酒を交わす
・旅(海外、日本の歴史巡り)
・1人映画鑑賞(英語の台詞覚え)
・海外の旅行ドキュメンタリーを観る
・スポーツ観戦
今、興味のあること
・地理(通訳ガイド(再)試験に臨みます)
・ランニング
・車(オールドカ―)
得意ジャンル
・英会話
・書道
・ピアノ・フルート
・MT車運転
好きなタレント、芸能人
松岡修造さん
高良健吾さん
吉田羊さん
ベン・スティラー
私の好きな・・・
時間は「朝、新しい1日が始まるぞという瞬間」
言葉は「人生何が起こるか分からない」
食べ物は「ギョーザ」
お気に入りの場所
・広瀬川河川敷
・空港
・TBC本社の屋上
・西新宿
・NewYork
私のよく行くお店
街の小さな食堂
私ってこんな人です
笑い声が大きく、笑いのツボが浅い。楽しい事大好き!人が好き!感動屋(結婚式場でのアルバイトでは、新婦さんの「両親への手紙」でいつも泣いてしまい、外に引きずり出されていました・・・)

アナウンス部いちミニサイズ(151.7cm・2018年現在)ですが、目標と夢は大きく、謙虚に、引き続き邁進します。
「スーパーシード」だったのに』
2019/01/14


掴みかけた「合格」の喜びは
するりと私の横をすり抜けていった。
しかも、何が至らなかったって、
私がこれまで30年ちょっとの人生の
半分以上をかけて学んできて
曲がりなりにも得意だと思っていた、
英語でした・・・


甘かった。

去年8月、おととしに続き受験した
通訳案内士」試験。
好きな(そして得意だと思っていた)英語を生かして
何かをしたい!と調べた末に出会った国家資格で
文字通り、外国人観光客の方に外国語を使って有償でガイドができる資格です。

(おととし初めて受けた試験について記したブログhttp://skip.tbc-sendai.co.jp/04anno/TomokoHayashi/20171213.html

試験科目は外国語、日本史、地理、一般常識などで
年に1度、8月に試験が行われ
合格率は2割ほど。

初めて受けたおととしは、TOEICのスコアが基準を満たしていたため外国語(英語)試験は免除。
日本史、地理、一般常識の試験に挑み
地理のみ不合格。
(それぞれの科目で基準点を満たさなければ、合格できません)

その年合格した科目は翌年免除となるため、
去年再試験に臨む際
「地理に特化して勉強すればいいのだ!なんとこれはスーパーシードではないか!」

今思えば完全に、甘く見ていました。

「変化」していくのが、世の中なのです―


これまでは、「通訳案内士」の資格がなければ
外国人に対して外国語を使って有償でガイドすることはできませんでした。
一方、ここ数年で外国人観光客は急増。彼らのニーズも多様化する中
国は法を改正し、去年から
無資格の方でも有償で外国人観光客を案内できるようにしたのです。

そうした無資格の方々との差別化を図るため、
国家資格である「通訳案内士」の試験は
旅行管理についての理解を求めるものなど、より実践的で高度なものに。
語学の試験免除基準も厳しくなりました。

よって、去年の試験では「地理」プラス「英語」も
一から受けなおすことに。
地理は毎日必死になって勉強したのですが
(旅気分で楽しかったし!)
英語は正直、「何とかなるや」と思っていました。

何度も言います。甘かった。


英語の試験問題は、単純に単語が分かれば解けるものではなく
「日本独特の文化をいかに正確に外国語で伝えられるか」というものでした。

たとえば
「欄間」とは?
「紬」とは?

選択肢のどの英文も、「それっぽい」ものばかり。
ニュアンスではなくて、「そのもの」をびしっと、正確に伝えることが出来なければダメなのです。
そしてそれ以前に、そうした日本文化がどういうものなのか、ちゃんと理解していなければならないのです。
・・・自分の知識の乏しさに、恥ずかしくなりました。

自己採点の結果、英語は「あと数点」のところで
基準に達することはできませんでした。

しつこいですが、甘かった・・・。

ということで、あれを取ったら今度はこっち、という
なんだかオセロゲームみたいですが
今年は再び「日本史」、「一般常識」、そして「英語」の試験に臨みます。

といっても、机上の勉強だけではなくて
引き続き歴史の舞台に足を運んで、この目で見て、
日本の文化を吸収していこうと。
それを今年の目標にというか、楽しみにしようかと。

さぁ、3度目の正直なるか・・・!?

その結果は、またこちらでご報告させてください。
求められていなくとも。


いよいよ受験シーズン到来。
受験生の皆さんの挑戦も、心から応援しています!

   


BACK
line
UP↑