Personal


[バックナンバー]
林朝子 それでも朝はやってくる
林朝子


誕生日
1986年10月15日
出身地
福島県相馬市
血液型
B型(「説明書」そのままの性格です)
担当番組
【テレビ】
Nスタみやぎ
(木、金)18:15〜18:55

【ラジオ】
ロジャー大葉のラジオな気分

13:00〜16:00
(火)ラジオカー

3.11みやぎホットライン
(月)20:00〜20:30
趣味
・皆とまったり/わいわいお酒を交わす
・1人映画鑑賞(英語の台詞覚え)
・スポーツ観戦
・旅(海外、日本の歴史巡り)
・海外の旅行ドキュメンタリーを観る
今、興味のあること
・日本史(ガイド通訳試験に臨みます)
・洋画のセリフ
・ランニング
・車(オールドカ―)
得意ジャンル
・英会話
・書道
・ピアノ・フルート
・MT車運転
好きなタレント、芸能人
・松岡修造さん
・大島優子さん
・高良健吾さん
・吉田羊さん
・ベン・スティラー
私の好きな・・・
時間は「朝、新しい1日が始まるぞという瞬間」
言葉は「人生何が起こるか分からない」
食べ物は「ギョーザ」
お気に入りの場所
・広瀬川河川敷
・空港
・TBC本社の屋上
・西新宿
・NewYork
私のよく行くお店
街の小さな食堂
私ってこんな人です
笑い声が大きく、笑いのツボが浅い。楽しい事大好き!人が好き!感動屋(←結婚式場でのアルバイトでは、新婦さんの「両親への手紙」でいつも泣いてしまい、外に引きずり出されていました・・・)

アナウンス部で2番目のミニサイズ(152cm・2014年現在)ですが、目標と夢は大きく頑張ります!!
『その名は、「カメジロー」
2017/09/28


佐古さんと。自ら現場に赴き伝えるその思いやエネルギー…目指したい憧れの存在です。

こんなリーダーがいたら。
こんなリーダーになれたら。

観終わったあと、「カメジロー」の言葉たちががつん、がつんと脳裏に焼きつき
体と心がジワリと、熱くなるような感覚でした。

映画
「米軍(アメリカ)が最も恐れた男、
           その名は、カメジロー」


終戦後の沖縄で、民衆の先頭に立ち
アメリカ軍の圧政に立ち向かった
瀬長亀次郎の実像に迫るドキュメンタリー。
先週末から仙台でも上映が始まり
昨日、劇場で観てきました。

監督は、TBSテレビで長年キャスターを務めるなどする
佐古忠彦さん

震災後、私も様々な特集を放送するにあたりお世話になった
尊敬するアンカーマンです。

そんな佐古さんが、初めて映画監督として
広く、多くの人に知ってほしいと話す「カメジロー」。

“不屈”の精神で、様々な難局を切り抜けていった姿が
彼の手記や人々の証言から見えてきます。

そんな彼を、ありとあらゆる手を使って
封じようとするアメリカ軍。
逆に言えばそれほど、彼の求心力や
思いを持った人々の結束が
占領者を脅かすほどの大きな力になっていた証でもあります。

こんな時代があったんだ―
こんなリーダーがいたんだ―
初めて、知ることができました。

知って良かった。

映画に映し出される沖縄の姿からは、改めて
私たちの暮らす国の姿も
深く考えさせられます。

きょう、安倍総理は衆議院を解散。
国や世界を駆け巡る様々な問題は
どんどん私たちの身近に迫っているという実感から
逃れることはできません。

そんな今だからこそ、「カメジロー」の姿から
私たちが学べること、考えるべきことが
多くあると感じます。

いち鑑賞者としてわたしもまだまだ語りたいことだらけですが、
「いやいや、ぜひ、監督の思いを聞きたい!」
ここまで読んでそう思った方・・・


あす29日(金)10時10分〜フォーラム仙台で上映の映画終了後に、
劇場で佐古さんの舞台挨拶が行われます!
先日Nスタみやぎでインタビューさせて頂いたご縁で
私も司会進行を務めさせて頂くことになりました。
会場の皆さんからの質問にもお答えいただけるそうです。

私も、映画について聞きたいこと、
みなさんと共有したいことがたくさんあります。

是非、劇場でお会いできたら嬉しいです。

   


BACK
line
UP↑