Personal


[バックナンバー]
林朝子 それでも朝はやってくる
林朝子


誕生日
1986年10月15日
出身地
福島県相馬市
血液型
B型(「説明書」そのままの性格です)
担当番組
【テレビ】
Nスタみやぎ
(木、金)18:15〜18:55

【ラジオ】
ロジャー大葉のラジオな気分

13:00〜16:00
(火)ラジオカー

3.11みやぎホットライン
(月)20:00〜20:30
趣味
・仲間とお酒を交わす
・旅(海外、日本の歴史巡り)
・1人映画鑑賞(英語の台詞覚え)
・海外の旅行ドキュメンタリーを観る
・スポーツ観戦
今、興味のあること
・地理(通訳ガイド(再)試験に臨みます)
・ランニング
・車(オールドカ―)
得意ジャンル
・英会話
・書道
・ピアノ・フルート
・MT車運転
好きなタレント、芸能人
松岡修造さん
高良健吾さん
吉田羊さん
ベン・スティラー
私の好きな・・・
時間は「朝、新しい1日が始まるぞという瞬間」
言葉は「人生何が起こるか分からない」
食べ物は「ギョーザ」
お気に入りの場所
・広瀬川河川敷
・空港
・TBC本社の屋上
・西新宿
・NewYork
私のよく行くお店
街の小さな食堂
私ってこんな人です
笑い声が大きく、笑いのツボが浅い。楽しい事大好き!人が好き!感動屋(結婚式場でのアルバイトでは、新婦さんの「両親への手紙」でいつも泣いてしまい、外に引きずり出されていました・・・)

アナウンス部いちミニサイズ(151.7cm・2018年現在)ですが、目標と夢は大きく、謙虚に、引き続き邁進します。
『江戸の仙台の街に「ぬたばる」!?』
2018/11/06


↑古地図に乗っかって、あーだ、こーだ。

今から300年余り前の仙台の景色に
ぬたばる(=横たわる)と、いろんな発見が。

原寸大に復元した仙台城下の絵図(1691年〜1692年推定制作、かの有名な生類憐みの令を出した5代目徳川綱吉の時代!)に横たわりながら
今の仙台の街がどのように形作られたのか、紐解いていくというイベント
「レイドバック・センダイ」(レイドバック=横たわる)
いま仙台で開かれています。

仙台で様々な歴史をアーカイブしたり、復刻地図を発行したりしている「風の時編集部」が
去年から開催しているイベントで、
震災後、自らの“足元”を見直す人が増えているという中、
「私たちが暮らすまちの歴史をもっと知ってみよう!」と
この古地図を原寸大に復元するプロジェクトが始まったのです。


↑去年初開催の時にラジオカーでお邪魔し、
色んな発見にダイコーフンした私は、今年もまた、伺ってきました。

今年のテーマは
「東西」を知れば、仙台が見えてくる。

仙台駅と線路を中心に東と西に広がる街が、
かつては「駅裏」「駅前」とも呼ばれていたことは多くの方が知るところ。
そうして別々の街並みが形成されてきた歴史は
江戸時代の城下町の街づくりから始まっていた・・・!?

毎日日替わりで、様々な専門家の方のお話を聞きながら
地図を見て納得。
実際に巨大地図を目の前にお話を伺うと
想像の中の当時の景色が今の景色とリンクして、面白いんです。

そして何より、江戸時代の地図に「ぬたばる」という行為がとても楽しい。
地図には当時そこに住んでいた武士の名前なども記されていて、
会場で初めて会った方々と
「私の家は武士の〇〇さんのあたりです。この広さ、かなりの上級武士ですね」
「私のところは足軽屋敷ですね」
「私は「畑」ですか・・・」
と会話が盛り上がる、盛り上がる(笑)


私が伺った日は、NHKで人気の街ブラ番組にも出演された
郷土史研究家・木村浩二さんのトークイベントが。
城下町仙台の東西の分かれ目についてだけでなく、
地図上に記した標高差を示しながら、「なんであんなところに段差が!?」の謎を
楽しく紐解いてくれました。
(さすが「仙台段差崖会(がっかい)」の会長!)

もともとの地形(段差)をうまく活用して街はできているのだなぁ。


勾当台公園内にある段差(今ある噴水のところ)は、
もともと寺の境内に上がっていく階段だったとか・・・。
いやぁ、今回も本当に楽しかったです。

ご興味のある方は、ぜひ青葉区の書店・金港堂の2階へ。
7日(水)まで開催しているそうですよ!

そしてきょう、6日(火)のTBCラジオ
「エン・ボヤージュ」に
木村浩二さんが生出演するとか!!

古地図からわかる仙台の街の歴史に
皆さんもぜひ、耳を傾けてみては?


今度はぶらぶら街歩き、したいなあ。

   


BACK
line
UP↑