Personal


[バックナンバー]
林朝子 それでも朝はやってくる
林朝子


誕生日
1986年10月15日
出身地
福島県相馬市
血液型
B型(「説明書」そのままの性格です)
担当番組
【テレビ】
Nスタみやぎ
(木、金)18:15〜18:55

【ラジオ】
ロジャー大葉のラジオな気分

13:00〜16:00
(火)ラジオカー

3.11みやぎホットライン
(月)20:00〜20:30
趣味
・仲間とお酒を交わす
・旅(海外、日本の歴史巡り)
・1人映画鑑賞(英語の台詞覚え)
・海外の旅行ドキュメンタリーを観る
・スポーツ観戦
今、興味のあること
・地理(通訳ガイド(再)試験に臨みます)
・ランニング
・車(オールドカ―)
得意ジャンル
・英会話
・書道
・ピアノ・フルート
・MT車運転
好きなタレント、芸能人
松岡修造さん
高良健吾さん
吉田羊さん
ベン・スティラー
私の好きな・・・
時間は「朝、新しい1日が始まるぞという瞬間」
言葉は「人生何が起こるか分からない」
食べ物は「ギョーザ」
お気に入りの場所
・広瀬川河川敷
・空港
・TBC本社の屋上
・西新宿
・NewYork
私のよく行くお店
街の小さな食堂
私ってこんな人です
笑い声が大きく、笑いのツボが浅い。楽しい事大好き!人が好き!感動屋(結婚式場でのアルバイトでは、新婦さんの「両親への手紙」でいつも泣いてしまい、外に引きずり出されていました・・・)

アナウンス部いちミニサイズ(151.7cm・2018年現在)ですが、目標と夢は大きく、謙虚に、引き続き邁進します。
『幕末〜明治を(ちょっとだけ)辿る』
2018/10/29

すっかり秋も深まってきましたね。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私はといえば、(ここに記すのはだいぶご無沙汰となってしまいましたが)宮城県内、全国各地、少しずつ
日本の歴史巡りを続けています。

この週末のお話を少し。
先週金曜日、仙台市博物館で「戊辰戦争150年」の特別展がスタートし
初日の模様を取材で伺ってきました。

明治新政府の樹立を巡り、全国の諸藩が様々に絡み合う
戊辰戦争。
戦争の回避を模索したものの、最終的には新政府軍に対抗しなければならなくなった仙台藩の決断の背景を、
初公開となる貴重な資料などを交えて辿ることができます。
ここ仙台の地でこんなことが起きていたのか、という出来事も。

大きな時代の節目となった“幕末”にまつわるヒストリーに
私も惹きつけられている1人です。


この展示を見た後、東京・港区にある徳川将軍家墓所
増上寺に初めて、足を運んでみました。


東京タワーのたもとに建つ大殿は、写真で見るよりも圧巻。
大都会の中にありながら、境内には秋の澄んだ風がそよぎ
とても清らかな空間でした。

境内の徳川将軍家墓所には、徳川家二代目将軍・秀忠など
6人の将軍、その正室らの宝塔が並びます。

一見同じような宝塔に見えるのですが、
よく見てみると、使われている素材や大きさが違うものが。
なぜだろう?と思いながら見ていると
ちょうどボランティアガイドの方の解説が始まり
「なるほど、そういう理由で・・・」
すべてが合点、いきました。

そのうちの1つが、幕府ではなく明治新政府が
これまで幕府を支持した人々の心を新たに惹きつけるためにも作った、といういわれもある宝塔。
十四代家茂の正室・和宮のものでした。

そう言われて見ると、だから、この装飾が、この素材が、なるほど・・・
目に映るもの全てに、メッセージが隠されている。
(ユーミンの曲みたいですが)
思わず「ははーっ」と唸ってしまったのでした。

詳しくはここでは書きませんので
ご興味のある方は、仙台市博物館の展示も合わせて、ぜひ。
(前回は取材だったので、私もまたゆっくり行きます)


こうしてガイドの方、詳しい方のお話を聞くと、
今見ているものの奥にはまだまだ、知られざる歴史があるのだと痛感するばかり。

知的好奇心をさらにくすぐられ、
ますますいろんなヒストリーに触れたいと
心を新たにした旅でした。


【旅写真】
葵の御紋のお隣に、「Instagram」!ははぁ。
(「何ぞや!」と当時の人々は叫んだでしょうか)
覗いてみましたが四季折々の写真が美しかったです。



増上寺を訪れた後は、東京23区で最も高い山「愛宕山」にある愛宕神社へ。(東京にもあるんですね)
古事にちなんだ「出世の石段」を
一段一段噛みしめながら登ってきました。

この階段が、ものすごく急なんです。
足が震えるほど、怖かった・・・
出世への道は、やはり険しい。

   


BACK
line
UP↑