Personal


[バックナンバー]
林朝子 それでも朝はやってくる
林朝子


誕生日
1986年10月15日
出身地
福島県相馬市
血液型
B型(「説明書」そのままの性格です)
担当番組
【テレビ】
Nスタみやぎ
(木、金)18:15〜18:55

【ラジオ】
ロジャー大葉のラジオな気分

13:00〜16:00
(火)ラジオカー

3.11みやぎホットライン
(月)20:00〜20:30
趣味
・仲間とお酒を交わす
・旅(海外、日本の歴史巡り)
・1人映画鑑賞(英語の台詞覚え)
・海外の旅行ドキュメンタリーを観る
・スポーツ観戦
今、興味のあること
・地理(通訳ガイド(再)試験に臨みます)
・ランニング
・車(オールドカ―)
得意ジャンル
・英会話
・書道
・ピアノ・フルート
・MT車運転
好きなタレント、芸能人
松岡修造さん
高良健吾さん
吉田羊さん
ベン・スティラー
私の好きな・・・
時間は「朝、新しい1日が始まるぞという瞬間」
言葉は「人生何が起こるか分からない」
食べ物は「ギョーザ」
お気に入りの場所
・広瀬川河川敷
・空港
・TBC本社の屋上
・西新宿
・NewYork
私のよく行くお店
街の小さな食堂
私ってこんな人です
笑い声が大きく、笑いのツボが浅い。楽しい事大好き!人が好き!感動屋(結婚式場でのアルバイトでは、新婦さんの「両親への手紙」でいつも泣いてしまい、外に引きずり出されていました・・・)

アナウンス部いちミニサイズ(151.7cm・2018年現在)ですが、目標と夢は大きく、謙虚に、引き続き邁進します。
『仙台商人の心意気、と、おもてなし』
2018/08/07


今年も仙台の街が鮮やかに彩られています!
「仙台七夕まつり」

開幕初日のきのう、僭越ながら
「飾り付け審査員」として
県内の、ニュースで拝見するような方々と共に
仙台市内の商店街の飾りつけを「審査」させて頂きました。

私たちのチームの担当は、連坊、荒町、そして長町のサンカトゥール商店街。

まずは、連坊へ。
商店街の皆さんから、制作秘話などを伺いながら回ります。


ラジオカー取材でお世話になった方々との再会もありました!

地域の保育園で作ったという飾り。
子どものちっちゃな手形が、かわいい〜!

昔ながらの飾り「七夕線香」も。
お盆を前に、先祖を迎える意味があるそうです。

作った女性は、線香に「般若心経」と
旦那様とご両親の法名を記したといいます。


続いて、荒町商店街へ。
商店街のキャラクター「アラマチマン」をテーマにした飾りつけを
皆さんで制作したそうです。ユニーク!



雨に濡れないように軒先に作った飾りも。
覗いてみると、お店の方が「見てってね〜」と
優しく声をかけてくれます。
昔ながらの商店街ならではの温かい雰囲気。


最後に訪れたのは、長町のサンカトゥール商店街。
長さ9メートルほどもあるという竹は
前日に商店街の皆さんで切り出し、運んだそう!
とっても涼しげ。



七つ飾りの1つ千羽鶴は、地域の皆さんが自宅にあるチラシでこつこつ手作りしたとのこと。


皆で最後の最後まで頭を悩ませるほど
“審査”というのはとても難しかったです・・・。

しかしそれ以上に、皆さんからお話を聞きながら
ゆっくり飾りを見るという体験を通して
また違った七夕まつりの景色を見られた
とても貴重な体験でした。

皆さんもぜひ、中心部から少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

残念ながら雨でのスタートとなった仙台七夕ですが、
七夕飾りには「豊作を願う」という意味もあります。
そう考えると、その願いが天に届いているということなのかもね〜
とおっしゃる方も。なるほど。

猛暑から一息ついて
風に揺れる七夕飾りで涼を感じながら
仙台商人の心意気とおもてなし、
そして歴史を存分に、感じてみてください。

   


BACK
line
UP↑