Personal


[バックナンバー]
林朝子 それでも朝はやってくる
林朝子


誕生日
1986年10月15日
出身地
福島県相馬市
血液型
B型(「説明書」そのままの性格です)
担当番組
【テレビ】
Nスタみやぎ
(水〜金)18:15〜18:55

【ラジオ】
ロジャー大葉のラジオな気分

13:00〜16:00
(火)ラジオカー
趣味
・皆とまったり/わいわいお酒を交わす
・1人映画鑑賞(洋画専門。台詞を書き起こして英語の勉強)
・スポーツ観戦
・旅
・海外の旅行ドキュメンタリーを観る
今、興味のあること
・洋画のセリフ
・ランニング
・車(オールドカ―)
得意ジャンル
・英会話
・書道
・ピアノ・フルート
好きなタレント、芸能人
・松岡修造さん
・大島優子さん
・高良健吾さん
・吉田羊さん
・ベン・スティラー
私の好きな・・・
時間は「朝、新しい1日が始まるぞという瞬間」
言葉は「人生何が起こるか分からない」
食べ物は「ギョーザ」
お気に入りの場所
・広瀬川河川敷
・空港
・TBC本社の屋上
・西新宿
・NewYork
私のよく行くお店
街の小さな食堂
私ってこんな人です
笑い声が大きく、笑いのツボが浅い。楽しい事大好き!人が好き!感動屋(←結婚式場でのアルバイトでは、新婦さんの「両親への手紙」でいつも泣いてしまい、外に引きずり出されていました・・・)

アナウンス部で2番目のミニサイズ(152cm・2014年現在)ですが、目標と夢は大きく頑張ります!!

2016/03/31


会場には、様々な立場の多くの参加者が。

「OUT IN JAPAN」という
イベントです。

いつも貴重なお話を頂く
小浜さんと。
小浜さんとの出会いが
多くのことに気付かせてくれました。

震災が発生したとき、
LGBTいわゆる性的マイノリティ―の方々は
どんなことに困り、どんなことで助けられたのか―

震災から5年、当事者たちが当時の経験を語るイベントが
先日仙台で行われ、私も参加してきました。

ある男性同士のカップルは
「普段から隣人の方とコミュニケーションをとっていたため、
震災の時、気にかけてもらえた。」

他にも
「支援物資の洋服が「男もの・女もの」で分かれていて困った」
といった声も。
言われてみれば「そうかあ、確かに困るよなあ」とはっとさせられることばかり。


LGBTに関して興味を持つようになったのは、
取材で「男女両方の性を持つ」という男性と出会ったことがきっかけでした。
その方は、現在男性のパートナーと暮らしているといい
語ってくださるお二人の関係がとても愛にあふれていて。

振り返ってみると、学生時代留学していたアメリカでは
男女のみならず男性・女性同士が堂々と交際する姿を当たり前のように見ていました。
そして、異性同士であれ同性同士であれ
「好き」という気持ちを素直に表現できる風土がとても素敵で
羨ましく感じたのを覚えています。


「LGBT」の方々への理解を深めるためには?
今回、当事者の方がおっしゃった言葉の1つ1つが心に残りました。
『まずは「想像力」を持つこと。』

今回のように災害が起きた時。
普段の生活でも、制服を選ぶとき、お手洗いに行くとき、お風呂に入るとき・・・
そうした当事者の方々はどんなことに困るのだろうか。

いまの自分の発言を、相手はどう思うのだろうか。

これは普段の人間関係全てに共通する、大切なことですよね。

そして、こうおっしゃる方も。
『それぞれに自信をもって輝いていれば、
世の中の人は「あ、こういう人もいる」と思えるようになる。
好きな人とは手をつなぐ、それを「普通」のこととしてやっていくことが、世の中を変えていく。』

自分にしかないパーソナリティーがあって、愛の形がある。
それを皆で理解して感じられたらどんなに幸せか。

イベントで出会い、貴重なお話をしてくださった皆さんに感謝すると共に
そんな世の中になれるよう、微力ながらわたしも動いていきたい!と心から感じました。

あすから新年度。
これから新しく出会う人、これまでお世話になっている人たちのことを
一回り大きく深い心と目で見つめていきたいです。

   


BACK
line
UP↑