Personal


[バックナンバー]
伊藤晋平 昭和の香り?しんぺいとう
伊藤晋平


誕生日
1988年6月9日(ぎりぎり昭和。平成始発便に乗れなかった)
出身地
北海道名寄市(“サンピラー”という自然現象が自慢です)
血液型
A型(後片付けに対するモチベーション以外は典型的A型)
担当番組
【ラジオ】
TBCパワフルベースボール 
実況・リポーター
ラジオな気分
ラジオカー担当(月)13:00〜16:00
3・11みやぎホットライン(月)20:00〜20:30
あっつあつ☆らじお(土)13:55〜17:00
【テレビ】
ウォッチンスポーツ
Nスタスポーツ

趣味
スポーツ観戦(野球・サッカー・NFLに興味あり)
サウナに行く
ボウリング
歌詞カードを読むこと
ご当地きゃら
今、興味のあること
野球選手の選手登場曲、野球・サッカーの応援歌と原曲、スガシカオの新曲、ライブ情報、ボウリング
得意ジャンル
ジュニア野菜ソムリエ
夜景鑑賞士2級
色彩検定3級
野球知識検定4級
スガシカオ
リバウンドありきのダイエット
選手応援歌&チャンステーマ
ご当地きゃら
好きなタレント、芸能人
スガシカオ
メイプル超合金
私の好きな・・・
言葉「有言実行」「連休」
食べ物 とんかつ、スープカレー、油そば、マカロン(ローズ)

お気に入りの場所
東京都稲城市(学生時代住んでいたまちです)、ジェット風船舞うコボスタのレフトスタンド(赤と白、両方飛んだ日は最高!)ベガルタゴールドに染まったゴール裏、生鮮食品が豊富なスーパー(見ているだけで楽しい)
私のよく行くお店
コンビニ、公園(いずれも近所)、マッサージ、サウナ、ボウリング場

私ってこんな人です
やせたいのか、やせたくないのか…いや、やせなくては。
今日も楽天の試合結果に一喜一憂。
北海道出身ゆえに暑さに弱く、人より長い期間半袖を着ています。
気に入った食べ物や番組、ギャグは繰り返しがち。
『ペンを落とした』
2016/11/16

実は、PIROTのDr.GRIPが大好きです。

かれこれ15年ほど前になるでしょうか。個人で塾をしていた叔母の「筆記用具はこれが一番」という言葉を信じて、最初の一本を購入。
以来、中学高校の6年間は同じシャープペンシルと共に過ごしました。
大学受験の時は、センター試験でえんぴつを使わないといけないことが個人的に一番の懸案事項でした。
普段の筆記具の感覚が自分の手にないということが本当に不安だったことを覚えています。

大学生になってからも、ずっと同じものを使ってきました。
就活が始まってからは、エントリーシートを書く時だけ気合を入れて、後輩からもらったペンを使いましたが、下書き・メモ書きはずっと一緒。
入社してからは、「4色ボールペン+シャープ」のバージョンを買い集め、ずっと使用しています。
同じタイプのものを色違いで5本。

シルバー・ボルドー・オレンジ・ブルー・グレー
個人的にはもはや「レンジャー」的な存在です。
詳しくは書きませんが、購入したタイミング・そして購入してくれた人の思い出も含めて大切にしています。

会社にいるときは常に右ポケットに一本忍ばせています。
何かメモを書かなくてはいけないシチュエーションが突然発生して「筆記用具を持っていない!」と慌てるのも嫌ですし、さらに自分の書きなれたペンじゃないと落ち着かないのです。

そういう感じで使用しているので、たまにどこかに置き忘れてしまうことがあります。
一番多いのは、家に帰るまでポケットに入れっぱなしで帰り、ズボンに入れっぱなしにしてしまう。というパターンです。
ペンケースの中を見て、「あれ、ない!」となれば大体このパターン。前日はいたズボンを叩けば大体カチッと固い感覚で存在を教えてくれます。

今回も、そのパターンだと、
すっかり、たかをくくっていました。


先週金曜日、私は朝の情報番組の後、楽天の取材にコボスタへ。インタビュー終了後に帰宅しました。
翌日、出社して「さて、仕事を始めるか」とペンケースを開けると・・・ない、ない!ボルドーがない!!
気持ちを切り替えて生放送に臨み、終了後まっすぐ帰宅!
前日はいていたズボンのポケットを探してみますがここにもない!!!
一日、家の中やカバンの中を探しましたが、やはり見当たらず。
翌日、会社の心当たりがある場所をすべて探しましたが、やはりありません。
途中で乗ったバス会社にも電話しましたが「そのような落し物はありません」と無情の回答。


これまで幾度となく危機を乗り越えてきた「ペンなくした事件」史上、初の“迷宮入り”です。

しかも、このボルドー。5年ほど前に「仕事を頑張るなら買ってあげましょう」と大切な人が買ってくれたもの。
以来、エースとして常に存在感を示し続けてくれていたのです。

もう一度、買っていただくことは出来ませんかとオファーを出しましたが、あっさり断られました。そりゃそうです。
というわけで、色も含めてとっても好きなので、仕方なく(なくした自分が悪い)自分で買いました。

こうして、色も本数も元通りになったわけですが、何とも言えない気持ちは今も残っています(なくした自分が悪い)

大切な人からもらった財布を無くした、アクセサリーを旅行先に置いてきてしまった・・・中には指輪を無くしたという方もいるかもしれません。
私、皆様ほど大きなものではありませんが、ちょっとだけ「失くす怖さ」身をもって経験いたしました。

これからは、なくさないように気を付けよう。

   


BACK
line
UP↑