Personal


[バックナンバー]
佐藤修 落葉松林(からまつばやし)
佐藤修


誕生日
昭和34年5月20日。
世界の王さんと同じ。
出身地
札幌市東区。小学校の帰りは伏古川の堤防でスキーをしました。札幌小学校卒。中央大学出身。
血液型
O型
担当番組
スポーツ実況
趣味
園芸(バラ、パンジーを種から育てること)
料理(気分転換程度です)


今、興味のあること
いかにパスワードを忘れないか。ジョギングで出会う白い柴犬が全然慣れてくれない。

得意ジャンル
陸上かな。
      
好きなタレント、芸能人
広瀬すず 木村文乃
  
私の好きな・・・
ワインは赤 
お気に入りの場所
出勤途中、雪の奥羽山脈が一瞬見えるあの橋の上

私のよく行くお店
ホームセンター、ガーデンガーデン、ザガーデン
私ってこんな人です
動物に例えればハムスター。

『限りなき挑戦』
2018/04/26

「美味しい刺身だね」テレビ中継の解説を終えた
打ち上げの席で男性はそう話し熱く語っていた。
「皆さんもほら食べて食べて」と
大皿に盛られた刺身をすすめてくれた。
そしてまた熱く語った。
手元を見てみると、刺身をしょう油皿に置いたまま、
食べるのも忘れて話に夢中になっていた。
赤身のマグロが漬けのようになっていた。
それぐらい話に夢中になっているのだと思っていた。

その時、男性をよく知る、私の知人から携帯に電話が入った。打ち上げの様子を伝えた瞬間、
「佐藤さんまずいです。その人、魚は苦手なんです」
好物はステーキだというのだ。
電話を切り、男性の手元をよく見ると、
しょう油をつけて食べる素振りは見せているけど
             口には運んでいなかった。
その時の男性こそが23日に亡くなられた
                  衣笠祥雄さんである。

せっかく開いてくれた宴で、
逆に気を遣わせてはならないという
                暖かい気配りであった。
打ち上げは衣笠さんの野球や
              人生話で盛り上がり、
今でも忘れられない楽しいものだった。
それから数日後、丁寧なお礼状とともに
「限りなき挑戦」としたためられた色紙を頂いた。
エネルギーにあふれた力強い文字であった。

2006年、楽天2年目の開幕間もないころの話である。
衣笠さんは当時59歳頃であろう。
今の自分と1歳しか違わない。ショックだった。
果たして今の自分に
「限りなき挑戦」の対象となるものがあるのだろうか。
2年後に迫ったひと区切りばかり
              気にしていたような気がする。
衣笠さんの訃報は、当時頂いた色紙を改めて手にさせ
「佐藤さんはまだまだ若いんだから
                 挑戦し続けなさいよ」
            衣笠さんにそう言われた気がした。



   


BACK
line
UP↑