Personal


[バックナンバー]
黒田直樹 くろちゃんの玄人(くろうと)になりたい!
黒田直樹


誕生日
1992年4月3日
出身地
神奈川県横浜市
血液型
AB型
担当番組
・Nスタみやぎ スポーツコーナー 

・TBC POWERFUL BASEBALL ベンチリポーター

・ラジオ/TV 定時ニュース
趣味
日本酒、映画鑑賞、スポーツ観戦
今、興味のあること
東北地方の地酒、ボルダリング、レイトショー、マッサージ
得意ジャンル
ハンドボール、野球知識検定3級、大相撲、ゴジラ
好きなタレント、芸能人
反町隆史(特に90年代)、遠藤憲一、川島海荷、岡本玲
私の好きな・・・
(食べ物)チョコレート、牛タン、卵料理
 (曲)サザンオールスターズ、YUI、山下達郎
お気に入りの場所
横浜みなとみらい(学生時代、自転車タクシーを漕いで、地元・横浜を観光ガイドしていました。)、勾当台公園
私のよく行くお店
日本酒が豊富な居酒屋、レイトショーの映画館
私ってこんな人です
左利き、AB型、がに股。はまっことニセコのハーフです。
尊敬する人
両親、松井稼頭央、イチロー
輝き
2016/11/17

アーケードのイルミネーション。
晩翠通りのイチョウの木の下に広がる黄金道。
イチョウの木を見上げた時、隙間から見えたまんまるの月の光。
輝きが街中に溢れていました。

その中でも、いっちばん輝いていたのが、ある一組の親子

イチョウの木の下で、2歳くらいの男の子が、
巻いてもらったマフラーをどこか誇らしげにして、
イチョウの落ち葉を、手袋の上からいっぱいにすくっては、
「ばあっ」という声と共に、上にまき散らしていくのです。
その子のお父さんは、イチョウの美しさなんかそっちのけで、
スマホのカメラでその様子ばかり映していて、
その子のお母さんは、その様子をとても優しい目で見つめていました。
つい、赤の他人の私までもが笑顔になるような、そんなあたたかい輝きを感じました。



そして、輝きといえば全力プレーのスポーツ!
10月の終わりには、2016−17 V・チャレンジリーグT の
仙台ベルフィーユ
黒川郡富谷町の富谷スポーツセンターで開幕戦を行いました(相手は柏エンゼルクロス)。




結果は勝利!!
174cm新人ウィングスパイカー・津賀菜緒が、
両チーム最多タイとなる15得点という大車輪の活躍をして、
最高のデビュー戦を飾り、輝きを放ちました。
それからは3連敗を喫しているベルフィーユですが、ここから巻き返しを図り、
プレミアリーグ昇格を目指してほしいです!



話は変わりますが、もうすぐ「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表されますね!
スポーツに絞っても、
1986年「新人類」、94年「イチロー(効果)」、
95年「NOMO」、「がんばろうKOBE」、
98年「ハマの大魔神」、99年「雑草魂」、
04年「チョー気持ちいい」、06年「イナバウアー」、
07年「ハニカミ王子」、11年「なでしこジャパン」、
15年「トリプルスリー」などと数多く選ばれています。


という事で、突然ですが、黒田の主観がたっぷり入った、
2016年のくーきゃんスポーツ流行語大賞トップ5を決めました!

第5位、レガシー
五輪の問題は絶えませんが、どうか成功を願っています。

第4位、琴バウアー
大関・琴奨菊関の取り組み前の豪快に反るポーズ。まさか、名前が付くとは思いませんでした(笑)

第3位、大谷=二刀流
真の二刀流を魅せた今年の大谷選手。
もはや大人気プロ野球ゲーム「パワプロ」のサクセスでも自分で作り上げるのは困難なレベルの選手となりました。そう感じたのはイチロー選手以来です。

第2位、神ってる
今年は広島と大谷に野球の話題を持っていかれた印象ですが、来年は「楽天」の番であることを期待しています!


そして栄えある
第1位は、アモーレ
いつか私も長友選手のようにかっこよく言ってみたいものです。

みなさんも流行語がどんなものがあるか、ジャンルに絞って考えてみてはいかがでしょうか、楽しいですよ!
それでは♪

   


BACK
line
UP↑