Personal


[バックナンバー]
荒井美由起 あらいのこつぶにっき
荒井美由起


誕生日
1992年3月1日
出身地
栃木県宇都宮市
血液型
O型
担当番組
【テレビ】
Nスタみやぎ 月〜水

【ラジオ】
ランチボックスL 金

趣味
料理、クラシックバレエ
今、興味のあること
パン
筋肉トレーニング
得意ジャンル
ダンス(大学でもダンスを学んでいました!)
多彩な表情を作ること(声の表情は勉強中です)
好きなタレント、芸能人
ムロツヨシさん、石橋杏奈さん
私の好きな・・・
食べ物:レバー、もつ、アボカド、かぼちゃ、チーズ
音楽:クラシック(特にラフマニノフとショパン)
色:青、白
お気に入りの場所
コーヒーショップ
私のよく行くお店
パン屋さん(仙台の美味しいパン屋さんを開拓しています)
マッサージ
私ってこんな人です
身体の柔軟性はあります。
心の柔軟性も身につけられるように頑張ります!
真面目そうだと言われることが多いですが、結構ふざけます
『サラダ記念日』
2017/07/06

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日


ほとんどの人が耳にしたことがあるであろう、この短歌。

歌人の俵万智さんが1987年に出した歌集「サラダ記念日」の中の一首です。

これがきっかけで短歌ブームが起き、記念日という言葉が定着したとも言われているんですね。

きょうはサラダ記念日です。



小学生だったか中学生だったか、国語の教科書に上記の一首が載っていました。

それをみた少女・荒井は「なんてほっこりする温かい食卓なのだろう!」と感激し、いつかは旦那さんに褒められる料理を作ろうと鼻息を荒くしていました。


思い返せば、大学に進学するまでは母が日々の食事やお弁当を作ってくれていました。

365日、飽きないように食材や味付けを工夫するのはさぞかし大変だったろうと思います。


夏休みには「またそうめん?」なんぞ心無い言葉を投げかけたことも…


主婦・主夫のみなさん、もうすぐ恐怖の夏休みですね(笑)



きょうは肉巻の中身が違う!
すき煮の味付けが変わった!
初めて見るお惣菜だ!


こうした些細な変化に気づいて声をかければよかったと後悔しています。


「この味を変えてみたとは言わぬ母
今伝えたい感謝の気持ち」

おかあさーーーーーーーーーーーん!!



●こつぶレシピ●
平日はなかなか時間がとれないので、週末にまとめて料理をします。

野菜は一気に切って保存袋へin。

ピクルスなどの保存食も仕込んでおきます。

お気に入りはきゅうりとカブ。

切って塩胡椒を振り、さて、お酢でつけよ…




!!!!!

いつも使っている調味酢(砂糖などがあらかじめ入っているもの)が瀕死の状態!

余力は1センチ…


調味料の棚を見回して、あったのは「サラダ酢」というなぜ買ったのか忘れてしまったもの。

とりあえず、きゅうりは調味酢とサラダ酢をブレンドして漬けました。


と、ここで手羽元の黒酢煮を作るのに使った黒酢を発見。

「たぶんおいしくなる」という謎の自信のもとでカブを漬けました。


両方美味しくできた上、意外にも黒酢はあり!

お酢がなければ、黒酢で漬ければいいわ。


追伸:私としてはピンチをチャンスに変えた創作料理だと思っているのですが、夫は全然賛同してくれませんでした

   


BACK
line
UP↑