Personal


[バックナンバー]
荒井美由起 あらいのこつぶにっき
荒井美由起


誕生日
1992年3月1日
出身地
栃木県宇都宮市
血液型
O型
担当番組
【テレビ】
Nスタみやぎ 月・火

【ラジオ】
ランチボックスL 木

ロジャー大葉の
ラジオな気分 
金曜ラジオカー
趣味
料理、クラシックバレエ
今、興味のあること
美味しい食べ物
筋肉トレーニング
得意ジャンル
ダンス(大学でもダンスを学んでいました!)
多彩な表情を作ること(声の表情は勉強中です)
好きなタレント、芸能人
ムロツヨシさん、石橋杏奈さん
私の好きな・・・
食べ物:レバー、もつ、アボカド、かぼちゃ、チーズ
音楽:クラシック(特にラフマニノフとショパン)
色:青、白
お気に入りの場所
コーヒーショップ
私のよく行くお店
パン屋さん(仙台の美味しいパン屋さんを開拓しています)
マッサージ
私ってこんな人です
身体の柔軟性はあります。
心の柔軟性も身につけられるように頑張ります!
真面目そうだと言われることが多いですが、結構ふざけます
『コメの名は。』
2017/01/27


だて正夢

試食会

前回のブログはパンについてでしたが、
今回はごはんについてです。

ササニシキ
ひとめぼれ
たきたて

宮城には美味しいおコメが多数あります。

しかし、コメもただぼーっと消費者の口に入るのを待っているわけにはいかないのです。

北海道の「ゆめぴりか」
青森の「青天の霹靂」
山形の「つや姫」
熊本の「森のくまさん」

全国には個性的なライバルがたくさんいるからです。

食味に優れることは大前提、名前が面白い、パッケージがスタイリッシュ、味になんらかの特徴がある…

産地間競争が激化し、まさに「コメの戦国時代」なのです!


こうしたなかで、宮城のコメ界に新たな動きがありました。


県の奨励品種「東北210号」の名称発表会と試食会に取材に行きました。

選考の結果、コメの名は「だて正夢」に決定!

この名前は、有名コピーライターが考えた30以上もの案の中から選ばれたもの。

伊達政宗から宮城のコメということをイメージできる「だて」

復興を実現する「正夢」

という思いがコメられているそうです。


試食会でいただいてみると、箸で持ち上げようとするときにさえ、少し抵抗を感じるくらいの粘り気です。

口に含むと、コメの旨味がスパークル。

もっちもちの食感でおこわを食べている気分にさえなりました。


時間の関係で全然全部は食べられませんでしたが、市場に出回るのが楽しみ!


2018年のデビューを目指し、今後はロゴマークも決まる予定だということです。


「だて正夢」、コメの天下をとれるのでしょうか。


●こつぶレシピ●
マイタケって、なんであんなにおいしいんでしょうね。

他のキノコにはないコク、しゃきしゃきとした食感とうまみ。

手でさくこともできるなんて。

加熱したマイタケを、胡麻ドレッシングで和えます。

加熱、ということは茹でても蒸しても焼いても良いということです。

隠し味は、すりおろした生姜。

最近は生姜のチューブを買って、いろいろなものに手軽に生姜を加えています。

仕上げにきざみのりと胡麻を振りかければ、素朴ながら味わい深い小鉢の出来上がり。

   


BACK
line
UP↑