Personal


[バックナンバー]
粟津ちひろ 毎日がちひロードショー!
粟津ちひろ


誕生日
1988年11月7日(「いいな」の日)
出身地
岩手県北上市
血液型
「あわつ」のイニシャル、 A型です(大雑把なので意外だと言われます)
担当番組
【テレビ】
・サタデーウォッチン
(土)あさ9:25〜

【ラジオ】
・ロジャー大葉のラジオな気分
(月・火)13:00〜16:00
・歌のない歌謡曲
(月〜金)あさ7:00〜
趣味
・ピアノ(新しい電子ピアノになりました)
・人間観察
・独り言
・ドラマでよくあるシーンを再現

今、興味のあること
・鼻声の仕組み
・「何か面白いことありました?」と人に聞くこと
得意ジャンル
・長時間の移動
・モノマネ
・ドラマシーン再現
好きなタレント、芸能人
イケメン…西島秀俊さん
イケ子…石原さとみさん
私の好きな・・・
・映画
「君の名は。」
が追加されました。
最高すぎてやるせなくなります。

「耳をすませば」
「時をかける少女」
「秒速5センチメートル」
学生ものがお気に入り。 学生のあの「未完成」の中に秘められた輝きが好きです。

・食べ物
チョコレート、マンゴー、いちごタルト、アボカド、ねぎ、ブロッコリー
お気に入りの場所
・ディズニーランド・シー(本当に大好き)
・駅の改札口周辺(雑音が好き)

私のよく行くお店
少しずつ、知り合いのお店が出来てきました。
私ってこんな人です
・一喜一憂激しいですが、忘れるのも早いです。
・ノセられるとノリノリになります。
・年中部屋の掃除が終わり切りません。
・可愛い人が好きです。
・基本的に鼻歌を歌っています。
・割と?適当に生きています。

『青春時代』
2017/11/14


青空と桜が最高の我が母校
黒沢尻北高校。

昇降口!青春!

教室!青春!

大好きな部室!青春!

こっちは放送室。
編集機の前に座ってみる。
ここで諸々収録してました。

なんと、わざわざ顧問の先生が
部員にお知らせしてくださいました…
嬉しい貼り紙。

夏にはTBC訪問も!

ウォッチンのスタジオにて。

『世代を超えた黒陵放送部』
OG・OG大集合!

なんと
グループLINEもあるんです

もし、タイムマシンがあって、1回だけ過去に戻れるとしたら…
わたしは絶対にこの時代に戻ります。

「高校時代!!」

なぜなら・・・
部活がとっっっっても
楽しかったから!!!!
(※決して勉強ではない)

高校生=青春=放送部、でした。

高校を卒業し、あれから10年の月日。(早!)

ひょんなことから、OGとして現在の高校の部活を
見に行ける機会を頂きました。

現役の高校生たちは10以上も歳下。どんな感じだろう。

懐かしい校舎に足を踏み入れると…

部活に励む生徒たちの声、
青春のシンボル制服、
至る所に赤本、
駐輪場にある自転車の多さ。。。

どれもが、わたしの心をドキドキさせるのでした。

ドキドキがピークに達したのは、やはり部室を目の前にしたとき。

・・・色々な思い出が一瞬で駆け巡り、気絶するかと思うほど、
愛しさと切なさでいっぱいになりました。(笑)

この交流がきっかけで、放送部の皆さんが、
夏に開催された総文祭で仙台に来た際、TBCにも来てくれました。
これがまた、なんと嬉しかったことか。


先日、2回目の訪問をし、部員の読み(朗読・アナウンス)を聴くことに。

その中に、高校2年生・朗読担当の「奏馬(そうま)くん」という生徒がいました。

秋に行われる新人戦に向け、読みの練習を始めたところでした。
彼はそれまで、大会で良い結果を残したことはありません。

けれども、読みを聴くと、すごく上手なのです。

その日わたしが立ち会った段階では、

「大会で読む本の朗読個所が、まだ正式に決まっていない」状況。

その時、そうまくんが仮で選んだ朗読個所は、
読むのがものすごく難しいシーンでした。

確かに、本の内容からしたらとても盛り上がるシーンだけれど、これは恐らく、とてつもなく難しい箇所なのでは…

そう思った私は、彼の声質や読み方を考え、読む個所を変えることを提案してみました。

「こっちのシーンのほうが、そうまくんに合っているのではないかな?どうかな?」と。

すると、その提案個所を一度読んでみた奏馬くんが

「…確かに、こっちのほうが合う気がします。しっくりきます。」と言ってくれました。

そうして、わたしが提案した箇所を読んでくれたそうまくん、

なんと先日行われた新人県大会で、見事、
朗読部門、最優秀賞に輝きました!!!

つまり、県で1位です!!大躍進です!!!

一緒に頑張った生徒が、素晴らしい結果を出す。

少しでもお手伝いできたことが光栄で仕方ありませんし、
こんなに嬉しいことはありません。

ここ最近で、とても印象的な出来事でした。
本当に嬉しかったです。

他の部員たちも、素晴らしい結果を残してくれました。
誇らしいです。

皆、今しかできない部活を精いっぱい楽しむのだぞ。
頑張れ!黒北放送部!KBC!

よし、29歳も頑張ります。

   


BACK
line
UP↑