ウォッチンチェック

2018年2月7日(水) 放送

☆Check
南三陸の名物 さんこめし

南三陸町に昨年末、新しい名物が誕生しました。
秋から冬、南三陸で旬を迎える海の幸を
一度に味わえる『さんこ飯』です。
南三陸の郷土食
“たこ飯”“穴子飯”“はらこ飯”3つのうまさが
一つにあわさりました。
タコ・アナゴ・サケの3つの出汁でご飯炊き込み、
それぞれの身をまぶし、
さらに、イクラを散りばめて完成です。
うまみ、それぞれの食感も楽しめる一杯です。

これまでも人気だった「キラキラ丼」につぐ新しい名物を
志津川の名産タコを使って作ろうとスタートしました。
南三陸町の飲食店や宿泊施設などの有志が集まり、
それぞれが研究、試行錯誤し、新メニューを開発して持ち寄りました。
試食会も重ね、数ある候補の中から選ばれたのが
「さんこ飯」。
南三陸さんさん商店街に店を構える
「弁慶鮨」の二代目・菅原賢さんが考案しました。

『さんこ飯』は南三陸町の新しい名物として、
弁慶鮨ではもちろん、
町の宿泊施設や飲食店、7店舗で提供しています。
今シーズンは3月の末まで食べられます。


「弁慶鮨」
 さんこ飯1,890円
 南三陸町志津川五日町51
  南三陸さんさん商店街内
 TEL:0226-46-5141

『さんこ飯』提供店舗問い合わせ
 南三陸町観光協会
 TEL:0226-47-2550






バックナンバー
BACK
UP↑