ウォッチンチェック

2021年6月11日(金) 放送

Check☆
被災した松でカホン製作

2011年の東日本大震災で
東北の沿岸部は津波による甚大な被害を受けました。
立派な松が並ぶ名勝地「高田松原」もそのひとつ。
岩手県陸前高田生まれのパーカッショニスト
はたけやま裕さんは、その被災松を使って
“カホン”という南米の打楽器を作ろうとしています。
震災後、はたけやまさんはボランティアに尽力。
その時は“音楽”という場合ではないと思ったそう。
しかし周囲の言葉に背中を押され
『やるなら本当に喜んで貰えるものを…
少しでも役にたちたい』という想いで音楽活動再開しました。

はたけやまさんの生まれた町への想い、
被災松での“カホン”製作を後押ししてくれたのは
震災後『被災松再生プロジェクト』を立ち上げた
大船渡の製材業「鹿児島屋」の及川社長。
カホン作りの為に、被災した松を提供してくれました。
カホンが完成したら、
その音を届けようと活動しています。

東日本大震災から10年
被災松で製作したカホンを演奏する追悼コンサート 
開催予定

9/9 福島県南相馬市
9/30 岩手県陸前高田市
観覧 3,000円(中学生以下無料)

詳細 info@youhatakeyama-funclub.jp


バックナンバー
BACK
UP↑